住宅トラブルを防ぐために古い給湯器を交換しよう|費用相場を紹介

タイプと種類で分かる相場

作業員

ご家庭の給湯器のタイプと種類を把握することで、お財布に優しく給湯器を交換できます。ご家庭の給湯器が瞬間式タイプか貯湯式タイプか、暖房機能の有無を把握しましょう。種類とタイプさえ分かれば、業者の見積もりを相場と比較できます。

詳しく見る

給湯設備の工事費用

給湯器

給湯器の交換に要する費用は各業者により違いが見られます。そのため、価格面を比較し、尚且つ良心的な事業者を見つけるためにも事前に複数のポイントを確認しておくことが重要になるのです。これが安心して給湯器を交換するための秘訣となります。

詳しく見る

本体も工事費も安い業者

作業員

ガス給湯器を交換するときのにかかる料金は本体と工事費になりますが、ガス会社やメーカーでは本体料金が高く、工事費も中間マージンがあるため高くなってしまいます。地域のガス工事店で良い所を見つけておけば、給湯器交換のときにも故障のときにも利用できるので、あらかじめ見つけておくようにしてください。

詳しく見る

業者選びの4つのポイント

女の人

給湯器を修理・交換してもらう業者を選ぶ時には、対応速度が早いことや実績が多い業者を選ぶことが大切です。価格は本体料金と工事費の総額で適正価格になっていて、アフターフォローも万全な業者を選ぶようにしてください。

詳しく見る

早めに対応

主婦

給湯器については、燃費、安全性、部品調達などの面において、新しいものと性能の差が大きくなっており、早めに交換するほうがよい場合もあります。最近では、24h体制の給湯器供給メーカーも出てきており、メインテナンスも含めて、依頼しやすくなっています。

詳しく見る

お得な選択をしよう

	給湯器

相場を調べよう

給湯器の交換を検討している人は、まず、その費用について調べておくことをお勧めします。メーカー別または工事業者別で費用はかなり違ってきます。相場を調べておいた方が無難です。例えば、単順に給湯器の交換といっても実際にはリモコンの結び替えやガスの結び替えなどの費用もかかることになります。トータルで工事費まで含めて考えておきましょう。そうすると、安いものでは5万円前後、高いものでは12万円前後かかることがあるのです。その差はかなりあるので、どのメーカーでどの業者に工事を依頼すべきか、じっくりと比較することをお勧めします。もちろん、最新の給湯器に交換するとなると、費用は高めです。しかし、先々のことまで考えるのなら、最新のものにした方が有効的と言えるでしょう。それに、給湯器はどんどん進化しているので、一番新しいものを設置した方が使い勝手も良くなっているはずです。ものによってはガス代や電気代といったものも節約になるタイプもあるため、家計のことを考えるのならここで思い切って新しくしてしまった方が無難と言えるでしょう。また、交換にかかる費用は依頼前に見積もりを出してもらうことができます。もちろん、無料で見積もりは出してもらえるので、複数の業者から出してもらいましょう。細かな明細がついていると分かりやすくて便利です。もちろん、交渉次第でもっと安くすることもできます。諦めることなく、各業者に交渉してみることをお勧めします。